自分のまわりや一般人は、パソコンのバックアップについてどう思っているのかをまとめてみました。

パソコンのバックアップを習慣にしよう
パソコンのバックアップを習慣にしよう

パソコンのバックアップについて

パソコンのバックアップについて書いてみることにしました。バックアップと聞いてまわりのひとはあまり関心はありませんでした。実際に自分自身もあまり重要には感じていませんでした。そこで、パソコンのバックアップに関する意見などをかいてこうと思います。

さてまずは、パソコンのバックアップに関してどんな意見があるか書いていきます。自分のまわりの人は「バックアップってなに?」みたいにバックアップのことさえもわからないという人がいました。ほかにも「バックアップってきいたことあるね。でも、意味あるん?」と、いう意見もでました。確かにパソコンに無関係の仕事をしていたらバックアップという言葉を聞かないかもしれません。もし、しっていたとしても実用できずにいる人もいるとわかりました。これらの意見は家族の意見でしたから今度は家族以外の意見にします。家族以外、つまり一般人の意見は「全然とらない。だって、必要ないもん。」「バックアップは一応とってるよ。でも、あんまり使わないよ。」「絶対にとるようにしてる。だって、不安になるもん。」などの、意見がでてきました。一般人ではたくさんの意見がでてきました。上の3つのことについてみてみたいと思います。まず、「全然とらない」という意見からみていきます。確かにこのようなひともいますね。バックアップをとっとけばよかった、と思える場面にあってないような人だと思います。でも、そのもしもの場面が絶対におとずれないとは絶対にありえないので、自分はバックアップをおすすめします。次に「バックアップは一応とってる。でも、あんまり使わない」と、いう意見をみてみましょう。バックアップをとっているのはとてもいいと思います。でも、その必要性にあまり意味を感じてないとみえます。でも、いつかその必要性がでてくるはずです。次に、「絶対にバックアップをとる」という意見をみていきます。これはまさに完璧な理想形だと思います。ぜひ、そのまま続けてください。以上がまわりの意見です。

関連サイト情報